顔のたるみに効くマッサージ法とは

subpage01

最近、顔のたるみが気になってきた、という方はいらっしゃいませんか。

顔のたるみを解消できる、簡単なマッサージがあります。空いた時間にできるので、おすすめです。
毎日の洗顔のとき、お風呂に入っているときなどにするとよいでしょう。最初に、マッサージをするときの注意点ですが、指の腹を使ってやさしくやります。
爪をたてたり、力をいれてやると、肌を傷つけてしまいます。具体的なマッサージの手順です。

顔のたるみマッサージの最新情報を掲載しました。

まず、リンパ節をさすります。

リンパ節は鎖骨のあたりにあります。


力を入れず、何度か往復するように、やさしくさすりましょう。

次に、おでこです。
おでこの中心から外側に向かって、数回さすります。円を描くように、くるくると動かすのもよいでしょう。

続いて目をつぶり、目と眉毛の間を何か所かやさしく押します。

目が疲れている場合には気持ちよく感じるでしょう。


こすらず、押すだけにしてください。

両側のこめかみを親指で5秒くらい押します。
3回繰り返します。


力を入れすぎないようにしましょう。

両目頭の横、鼻の上から下へさすりましょう。

人差し指を使うのがいいでしょう。
頬骨に沿うように、内側から外側にさすります。
3回繰り返しましょう。両手で顔の下から、顔を包み込むようにしましょう。

上に持ち上げるような感じで、3回繰り返しましょう。両耳の下を一旦、ぎゅっと押して、そのまま下にさすります。

ビジネスジャーナルの最新情報ならこちらを参考にしてください。

3回繰り返します。


初めにやったように、鎖骨をさすります。


脇の下にもリンパ節があるので、そこをぎゅっと押しましょう。



以上の手順になります。
難しく感じるかもしれませんが、慣れてしまえば簡単です。


5分くらいでできるでしょう。


毎日の5分の簡単マッサージの習慣で、たるみが解消できるのですから、ぜひ試してみてください。